3年 収穫祭がありました

26日(金)、一年間ご指導してくださった佐原さんご夫妻にお越しいただいて、収穫祭と粟の学習発表会を行いました。お家の方々にもご協力いただき、収穫した8kg(調整済み)の粟を粟もちにして食べました。
アワと餅米を洗い、水切りしたものを餅つき機に入れ、水加減を間違えないようにしてセット。蒸気が噴出する所からあま~い香りが漂います。子どもたちはにおいだけで大興奮です。こねあがり、ふたを開けると、そこには黄金色の餅が!!子どもたちからは「いいにおーい!」「おいしそうー!」と歓声が上がります。餅を小分けにし、きなこをまぶして黄金餅の完成です。
できあがってから、これまでの一年間の「粟の学習」について学習発表しました。「万蔵干しの碑」の学習のスタートから春の種まき、万蔵干しの体験を経て、秋の脱穀に至るまでの一年間の歩みを分担して、活動の様子や感じたことを発表しました。各班が発表している時、佐原さんが温かな眼差しで「うん、うん」とうなずいて聞いてくださるのを見て、粟の育ちとともに子どもたちの地域の学びも大きく育つことができたのではないかなぁと感動しました。
発表が終わっていよいよ実食!みんなで黄金餅を食べました。「やわらかーい」「おいしい!」「おかわり!」5月に夢見た黄金餅は、子どもたちにとって想像以上の味わいだったのかもしれません。
素敵な学習のまとめとなり、大成功の収穫祭となることができました。お手伝いに来ていただいた保護者のみなさんのおかげでスムーズに進行することができました。ありがとうございました。そして、思いがけなく粟を育てることになって、万蔵干しの実現ができ、地域の広くで育てられていた粟を食べるところまで学習が充実して続いてこられたのは、佐原さんのご指導があったからです。本当にありがとうございました。
CIMG3937 CIMG3951 CIMG3999

CIMG4012 CIMG4019 CIMG4010

3年 調整した粟を堪能しました。

1月17日(水)に佐原さんがクラスへお越し下さって、粟がどのくらいとれたのかというお話をして下さいました。10月5日に脱穀をした際は12kg、その後、調整をしていただき、なんと・・・8kg取ることができました!!
もともとは20g程度の粟の種。それが8kgにまでなりました。とても感動的です。一粒万倍、収穫の喜びを、調整した粟に触れたり、8kgの粟の袋を持ったりしてかみしめました。佐原さんからは「この種を、食べてしまうのではなくて、だれかが残してくれたから、わたしたちは粟を収穫することができたんだね。これが何千年と続いてきていることも分かっておきたいね。これが命のリレー、命のバトンタッチなんだよ。」とお話しいただきました。繋がれてきた粟を、自分たちで育てた粟を、26日に食したいと思います。収穫祭が楽しみです。

CIMG3895 CIMG3899 CIMG3901

収穫祭をやりました(2年)

 

畑で収穫した大豆で、ずんだだんごを作り、収穫祭をしました。

前日に大豆を洗って水に浸し、1時間目やわらかくなるまでゆでました。

それを各グループですりこ木を使ってつぶしました。それを集めて、砂糖と塩を溶かしたお湯でのばして、ずんだにしました。

お団子をこねてゆでて、ずんだとあえて出来上がりです。

3時間目には、校長先生とJAの方5人のお客さんに来ていただき、大豆の栽培の様子の発表、「よろこびのうた」の演奏をしました。

一緒にずんだだんごを食べてお話をしました。

楽しい収穫祭になりました。

DSC05187DSC05185

DSC05190DSC05195DSC05199

 

宗賀の日がありました!

宗賀小の一大イベント,宗賀の日がありました。

宗賀の日とは,全校でカレーライスを作って食べる毎年恒例の行事です。

 

始めの会で,お世話になるボランティアの方々の紹介がありました。

調理やかまど作りでサポートしていただきます。

各学年の仕事を確認してから,それぞれの場所に移動します。

DSC02459  DSC02461

 

1・2・3・6年生は,教室で調理の担当です。

各学年に合わせた役割が決まっていて,6年生を中心に進めていきます。

カレーに入れる野菜は学年で育てたものです。自分たちが育て,収穫した野菜を調理します。

宗賀のカレーは,お肉の代わりにちくわを入れます。ちくわ担当は1年生です。

初めて包丁を使う児童もいましたが,ボランティアの方々に手伝っていただきながら,

上手に調理を進めることができました。

DSC02537 DSC02533 DSC02523

 

4年生は,米とぎです。始めの会がはじまる前に,準備をしてくれていました。

家で練習をしてきた児童が多く,慣れた手つきでお米をといでいました。

DSC02440   DSC02432

 

校庭では,5年生がかまど作りをします。

事前に練習をしていたので,スムーズに作業を進めていました。

「こっちの向きでいいかな?」「風が強いから・・・。」と,かまど職人がたくさんいました。

4年生がといだお米を持ってきて,5年生の作ったかまどでお米を炊きます。

4・5年生で協力して,火を絶やさないようにがんばってくれました。

無事にお米が炊けたころ,カレー鍋がかまどに到着しました。あとはカレーの仕上げです。

野菜がやわらかくなったのを確認し,ルーを入れて完成です!

お米やカレーを6年生が配膳してくれました。「これくらい食べられる?」と声をかけている姿,さすが6年生です。

DSC02467 DSC02487 DSC02606

DSC02653 DSC02665 DSC02670

各班で食べる場所を準備して,お客様をお招きしました。

今年は小口市長にも来ていただき,いっしょに食べました。

自分たちで作ったカレーライスは,とってもおいしかったです!

DSC02677   DSC02704

 

終わりの会では,各学年の代表児童が感想を発表してくれました。

「初めてだったけど,おいしくできた。」「おいしく作れたのでよかったです。」

「班のみんなで協力して,おいしいカレーができてよかった。」

それぞれの役割を果たし,宗賀の日を楽しめたようです。

 

最後に,お手伝いしていただいたボランティアの方々や,お客様の紹介がありました。

宗賀小がたくさんの方々に支えられていることを,改めて感じました。

全校の一人ひとりが役割を担い,みんなで協力して取り組んだ1日でした。

DSC02749  DSC02759

 

3年 粟の学習 ~脱穀しました~

万蔵干しで干していた粟がなんとか乾き、10月5日に床尾の佐原さんと一緒に脱穀をしました。
まずハサミで穂の部分だけを切り落とします。粟の穂を集めて、棒で「ばしばし」とたたき、実を落とします。飛び散る粟の実に大興奮。大きなふるいにかけ、唐箕という装置でもみがらをとばすと、春にまいた粟の種のようになりました。
自分たちが撒いた粟の種よりも何倍もの量を目の当たりにして、「あ~、これが一粒万倍の意味か!」とつぶやいている子がいました。また、棒でたたいたり、唐箕の仕組みを知ったりして、「昔の人って頭いいなぁ~」という声も聞こえました。とてもよい学習になりました。この後、佐原さんが天日干しと調整をしてくださいます。楽しみが膨らみます。
CIMG3302 CIMG3317 CIMG3349

活動の前に、畑に看板を設置しました。この看板は地域の方がつくってくださったものです。とても立派な看板で、3年生総出で運びました。設置の記念に集合写真を撮りました。

CIMG3287

3年 粟の学習 ~刈り取り・万蔵干し~

床尾の佐原さんにご指導いただき,3学年で育ててきた粟(あわ)がいよいよ収穫の時期を迎えました。27日(水)に粟の刈り取りを行い,それを「万蔵干し」(刈り取った粟(あわ)の穂の部分をしばり,天日干しにするやり方)にして,乾燥させることにしました。床尾にある石碑の万蔵干しがついに現代によみがえりました。子どもたちは万蔵干しのやり方を覚えたようです。最後の1体をつくった班は大変上手にできました。収穫した粟の実は,たたいて脱穀し,それを粟餅や粟ご飯などにして,収穫祭を行いたいと思います。楽しみです。

CIMG3165 CIMG3191 CIMG3177

CIMG3225←これが「万蔵干し」です。子どもたちで9体つくりました。

3年 粟の学習

子どもたちの背より高く育った粟が大きな穂をつけて、重くて倒れるほどになりました。「もうすぐごちそうになるぞ」と鳥たちがねらっています。ここまでうまく育ててきた粟を鳥たちのえさにしないように、9月7日(木)、佐原さんに教えていただきながら鳥よけをつくって、粟のまわりにつけました。
佐原さんが事前にご準備してくださった大きな鉄枠にネットをかけます。さらにその周りにキラキラ光るテープをたくさん括り付けました。多くの子が率先して働き、とても立派な囲いができました。あとはいよいよ収穫を待つばかり。もうすぐ万蔵干しが実現できることに期待がふくらみます。
CIMG3105 CIMG3112 CIMG3117

「どんぐりプロジェクト」職員研修

宗賀地区で取り組んでいる「どんぐりプロジェクト」について,職員研修がありました。

プロジェクトリーダーの中野さんから,どんぐりプロジェクトの目的や内容などを教えていただきました。

お話を聞いたあと,歩いてどんぐりの森(学友林)に行きました。

DSC01237 DSC01254

DSC01255 DSC01256

DSC01263 DSC01275

 

DSC01282② DSC01278②

        水芭蕉 育苗中               水色のトンボがいました! 

DSC01300

      なにかの角を発見!

 

短時間でしたが,たくさんの自然に触れることができました。

先日,4年生もどんぐりの森を訪れ,森から宗賀小に流れている水や自然について学びました。

子どもたちなりに,森での遊び方を考えているようです。

今後も「どんぐりプロジェクト」を通して,宗賀の自然に親しむ活動をしていきます。

 

3年 粟の学習 間引きを行いました。

CIMG2931 CIMG2937 CIMG2936

3年生で行っている粟の学習です。粟が大きく成長して、前に「雑草!?」なんて言っていたときよりも大変立派になりました。しかし、混み合っているため間引きをしなくてはいけないということで、佐原さんのご指導のもと、6日(木)にみんなで間引きを行いました。畑に行くと、同じ敷地なのに3学年の畑だけ雑草が全くない別世界となっていました。佐原さんが「粟は雑草と間違えやすいから・・・」と言って、草抜きをしてくださっていたおかげです。太くて丈夫そうな粟を選んで残し、細い小さな粟を抜きました。最後に残した粟をたおれないように土寄せをしました。さっぱりとした畝、よりよい成長に期待がふくらみます。

大豆の栽培 1(2年)

今年は、大豆を栽培して、大豆の変身の学習をします。

どんなふうに大豆を育てたらよいか、JAの方に教えていただくことになりました。(大豆の変身も教わります。)

今日は、肥料をまきました。一か所にまとめずに、パラパラとやるといいことを教わり、みんなでパラパラとまきました。

その後、機械で耕してマルチシートをかけていただきました。

8日(木)には種をまく予定です。楽しみです。

DSC04935DSC04936DSC04943

DSC04938DSC04945DSC04944

pagetop