塩尻市立宗賀小学校

photo space

 本校は、開校142年を迎えた、歴史ある学校です。

 学校のそばをJRや国道19号線が走り、かつての交通の要である、中山道の宿場街として栄えた面影を今に残しています。

 また、学校の回りを見渡せば、木曽谷の入り口に位置し、山々に囲まれ、遠くに北アルプスも望める、四季の豊かな自然に恵まれた地でもあります。

 そんな歴史と自然溢れる地で、「豊かな知恵・優しい心・丈夫な体」という学校目標の下、子どもたちは元気に毎日を過ごしています。

最新リスト

もっと読む…

読書旬間がありました。

11月21日~12月2日まで読書旬間がありました。

旬間中には,いろいろなイベントがあり,読書活動に取り組む機会がたくさんありました。

 

   

図書委員によるお知らせと読み聞かせ

 

   

先生方のお話の部屋

 

   

スマイル読書

 

   

図書委員による読み聞かせ

 

   

読書マラソン・読書郵便

 

   

この他にも,本に出てくる料理や食材を給食で出す企画もありました。

読書旬間を通して,本への関心が高まったのではないでしょうか。

今後も図書館を利用して,よりよい読書習慣を身につけていきましょう。

 

体力づくり講習(1年・2年)

松本大学の先生と学生さんが来て、体力づくり講習を

やってくれました。1年生と2年生が一緒にやりました。

 準備運動で、先生のまねっこジャンプをしました。

その後先生について軽く走ったのですが、コース上に

かわいい音が出るマットがおいてあり、それを踏んで

音を楽しみながら走ることができました。

 2人組でのゲーム、チームになってのゲームと飽きる

ことなく体を動かしあっという間に1時間終わってしま

いました。「ボール投げゲームがおもしろかった。」「も

っとやりたかった。」など声が上がりました。

人権教育月間

11月は人権教育月間でした。

「学級内の人間関係作りをテーマに,身近な人間関係を見直していくことにより,よりよい人間関係を築いていこうとする気持ちを育てる。」というめあてのもと,様々な取り組みを行いました。

 

   

校長講話『きつねのおきゃくさま』読み聞かせ

 

   

ふれあい給食・スマイル読書(異学年交流)

 

   

言われてうれしい言葉の掲示

 

   

人権教育講演会「障がいについて」

 

 いろいろな場面で,友だちや自分の良さに気づき,良い関わり方ができたのではないでしょうか。

今後も人権教育を通して,学校目標の一つである「優しい心」を育てていきます。

 

赤い羽根募金を行いました。

11月中旬に,代表委員会が赤い羽根募金をしました。

休み時間になると,募金を持った児童が列をつくっていました。

募金をした児童には,代表委員会から赤い羽根が渡されました。

この募金で集められたお金は,塩尻市に住む方々の生活に役立てられます。

たくさんのご協力ありがとうございました。

  

 

非違行為防止の職員研修

上田、佐久で教員による飲酒運転の事案が続きました。

今後、飲酒運転について私たち教職員がどのようにしていくべきか研修を行いました。

事案についての受け止めをした後、グループに分かれて私たちができる取り組みについて考えました。

 1 今回の事案について

「また、なぜ?」・・・これだけ社会全体から厳しい目で見られている中で、

なぜ飲酒運転をしてしまうのか。全職員が悔しい思い、信じられない思いで今回の事案を受け止めました。

また、同じ教職員として児童、保護者、すべての県民の皆様に本当に申し訳ない気持ちです。

2度とこのようなことが起きないように、職員一人一人が、自分は絶対に飲酒運転はしないという決意を新たにしました。

以下はそこで出された意見です。

・普段は飲酒運転を絶対しないと思っているが、例えば代行で帰るつもりでいても代行がつかまらなかった場合などが想定される。車で飲み会の会場に行かないなど、どんな状況になっても飲酒運転できない状態にしておくことが大切だと思った。

・普段から自分のルール(夜8時以降は飲まないなど)を決め、お互い確認しておくことも大切だ。

・個人の飲み会でも声をかけあって、帰り方などを確認し合う職場でありたい。

・今回の事例を教壇に立つ者として重く受け止め、アルコールの人体への影響をもう一度考え直したい。

 様々な事例や資料を通して、熟議等互いの思いを語り合える研修を定期的に行っていく。

たのしい 生活科(1年)

11月に初雪・大雪となり、それだけでも

うきうきしてしまうのに、きょうは楽しい

活動がありました。

1・2時間目は、あさがおの種を使って、

音が出るおもちゃ作りをしました。

どんな入れ物を使うか家でおうちの方と相談しました。

持ってきた入れ物に、あさがおの種と

キラキラするスパンコールを入れて、

しっかりふたをしました。

セロテープの使い方も上手になり、すてきなおもちゃができました。

「おもちゃのチャチャチャ」を歌って、チャ・チャ・チャと鳴らして楽しみました。

 5時間目はポップコーンの種取りをしました。

紙の箱を折り、新聞紙を机にしいて、丁寧にとっていきました。

「うちでもポップコーンつくるよ。」

なんて声も聞こえ、みんな張り切ってどんどんとってくれました。

来週はおいしいポップコーンが食べられそうです。

1年生と4年2組の交流(1年・4年)

4年2組は、保育園の年中さんと交流予定でしたが、

年中さんのクラスで体調が悪い子がたくさんいたため、

中止になってしまいました。

前日に迷路のコースを一生懸命作り、

ころがしドッジボールの用意もしてあったので、

「1年生のみんな、年中さんのかわりに交流しませんか?」

と誘ってくれました。

 1年生は、4年生のお兄さんお姉さんと

ころがしドッジを楽しみ、ギャラリーいっぱいに広がった迷路で

遊びました。

手作りのお土産までもらって大満足で

した。

「また遊んでほしい。」とにこにこしていました。

ピーナツができました(1年)

 春に植えたピーナツが、実をつけていました。  

 元気がなくなっていたので、実がついているか

心配でした。ためし掘りをしたら、しっかり実が

ついていたので、みんなで実がついている様子を

見ました。「わあー、ついてる。」「ピーナツのに

おいがする。」と声が上がりました。

 畑の仕事もあとは、チューリップの球根を植え

るだけとなりました。もうすぐ冬ですね。

つなぐんぐん(4年)

 先日,図工の単元「つなぐんぐん」の授業を行いました。

新聞紙を棒状に丸めたものをどんどんつなげていきました。

初めはグループで,最後はクラス全体でつなげてみました。

すごい大きいものができ,子どもたちも大喜び!

授業時間3時間かかりましたが,楽しめる図工の時間となりました。

すずめ組さんと楽しく交流できました!(3年)

 7月の交流は保育園に招待してもらったので、今回は小学校に遊びに来てもらいました。

「園児さんはどんな遊びができるかな。」「好きなことは何だろう?」と園児さんのことを考えて準備を進めてきました。

「園児さんはかわいいものが好きだから、動物だと喜んでくれるんじゃないかな。」

「折り紙は保育園でもやっているからきっとできるよ。」

「景品があるとうれしいと思うよ。」とアイデアを出し合いながら、楽しそうに準備をしていた3年生。

当日は、「園児さん楽しんでくれるかな?」とドキドキしていましたが、魚釣りやゲームコーナーなど、好きなところで遊んでもらい、園児さんの笑顔を見て「よかった~!」「すごく楽しそう!」とホッとした様子の子どもたちでした。

小さなお友だちに目線を合わせて話しかけたり、難しいことに寄り添ってあげたりと相手意識を持ってかかわる姿がとてもよかったです。

交流後は「これで最後なのはさみしいな。」と、もっと仲良くなりたいという声がたくさん聞かれました。

来年もよい交流ができるといいなと思います。

     

pagetop