夏野菜

7/19のメニュー

マーボーナス丼

中華風コーンスープ

ピーチゼリー🍑

牛乳

 今日は夏野菜のナスとズッキーニをたっぷりといれたマーボー丼が出てきました。ナスもズッキーニも油と相性がいいので炒めて肉と一緒だと風味もアップ、栄養の吸収もアップします。でもカロリーを抑えるためにひき割り大豆やキノコのみじん切りを混ぜたりしています。

 一昨日は信州、昨日は韓国、今日は中国と給食でアジアをめぐっている感覚になれるメニューでした。

 

さかなを食べよう献立

7/18のメニュー

ごはん

わかめスープ

かじきの韓国煮

切り干し大根のナムル

牛乳

 今日は魚を食べよう献立ということでかじきが出てきました。甘辛い味付けで口に入れるとほろほろと崩れながらご飯と混ざり合います。おいしいのでご飯がよく進みました。かじきは夏バテを予防する栄養が含まれているそうなので、季節外れのこの暑さに疲れ気味の体にはバッチリなメニューでした。

 

信州の味付け

7/17のメニュー

ごはん

豆腐の味噌汁

とり肉の信州焼き

ごま和え

牛乳

 今日は、すりおろしたりんごと信州みそを合わせたタレに付け込んで焼いたとり肉の信州焼きが出てきました。砂糖やみりんを使っていないのでさっぱりとした甘さが特徴の一品でした。

 

塩尻産ズッキーニ

7/13のメニュー

ソフト麺ミートソース

しゃきしゃきサラダ

メロン🍈

牛乳

今日のミートソースには塩尻産のズッキーニが入っていました。ズッキーニはクセがなくどんな料理にも合うのですが、イタリアン風の料理には特によく合う気がします。ひき肉もたっぷり入りボリューム満点のミートソースでした。

 

あじさいゼリー

7/12のメニュー

ポークカレー

チーズサラダ

あじさいゼリー

牛乳

 今日は子ども達に人気のカレーが出てきました。45kgもの玉ねぎを使って作っているので甘みのあるカレーでした。でもこれだけ大量の玉ねぎを使うので切ったり炒めたりすると目にしみてとても大変のようです。でも子ども達においしく食べてもらいたいと一生懸命に調理してくれているようです。

 デザートのあじさいゼリーは、ぷるぷるのゼリーの中に色とりどりの小さめの角切りゼリーが入っていて、雨の中咲きほこるあじさいのようでした。

 

ひじき&鰹節

7/11のメニュー

ひじきごはん

かき玉汁

じゃがいもの土佐和え

牛乳

 今日は給食でひじきご飯が出てきました。ひじきはカルシウムや食物繊維など栄養が豊富な食品です。忙しい時間に乾燥ひじきを戻すのも手間だという場合には、生ひじきやドライパックのものなどを使ってもいいかもしれませんね。

 副菜には土佐和えが出ましたが、“土佐=かつお”ということでおかかなどをあえてあるものをこう呼ぶらしいです。

魚を食べよう献立

7/10のメニュー

ごはん

えのきのみそ汁

鮭の塩焼き

なっとうあえ

牛乳

 今日は魚を食べよう献立で、メニューは鮭でした。さっぱりと塩焼きで出てきました。また7月10日は語呂合わせで「なっとう」の日なので、野菜が納豆和えとし出てきました。鮭の塩焼き・納豆・みそ汁の組み合わせだったのでthe定食という感じの給食でした。

 

1日遅れのカミカミデー

7/9のメニュー

発芽玄米ご飯

中華スープ

油淋鶏

のり酢和え

牛乳

 今日は1日遅れのカミカミデーでした。本当は毎月8の付く日なのですが今月は日曜日だったので9日に設定しました。よく噛んで食べられるように発芽玄米ご飯を出しました。よく噛むことであごの筋肉も鍛えられ、唾液がよく出るので食べ物の味がよくわかったりといいことがいっぱいあるのです。お肉も大きめにカットしてよく噛んで食べるようにしてみました。

 

七夕献立🎋

7/6のメニュー🎋

醤油ラーメン

凍り豆腐のサラダ

七夕ゼリー🌟

牛乳

 明日が七夕ということで、それにちなんだメニューが出てきました。ゼリーには織姫と彦星を連想させる2色の星形ゼリー、ラーメンには星の集まりである天の川を連想させる星模様のなると🍥がたくさん入っていました。織姫と彦星は夏の大三角の3つの星の内の2つなので、ラーメンのなるとを三角に並べてみました。

 

発酵の力

7/5のメニュー

わかめごはん

キムチ汁

小松菜のみそ和え

小玉スイカ🍉

牛乳

今日はキムチ汁が出ましたキムチは乳酸菌による発酵を利用した食品です。また味付けに使われている味噌も発酵食品です。発酵させることで生の時とはちがった味わいになり、栄養面でも変化をつけることができます。給食では辛いのが苦手な子もいるので“辛くない”キムチを使っているそうですが給食の後に「キムチ汁ちょっと辛かった。」と話している声も聞こえてきたので十人十色の味覚を満足させるのは難しいのだなと思いました。しかし「おいしく食べてもらえるように。」と味付けを日々努力されている給食室の先生方に感謝です。

 

pagetop