見慣れない掲示物

 

 5年生は1年間、保育園の年長さんと交流を続けてきました。一緒に遊んだり、学校案内をしたり、プールを楽しんだり。5年生が年長さんに向ける温かな眼差しがたまらなく素敵でした。

 日の出保育園の年長さんと交流を続けてきた2,4組は、最後の交流として「看板作り」に取り組みました。入学後に迷ったり困ったりしないように、親しみをもってもらえるよう。大きな紙には、5年生が部屋をイメージする絵を描き、まわりの飾りは「何を使う?」と相談しながら時間をかけてカラフルに仕上げました。よく目立つ、あったかな看板に仕上がりました。

 今も校内の雰囲気を柔らかくしてくれている手作り看板ですが、4月からさらに大きな効果を発揮してくれることでしょう。

 5年1 IMG_5813 IMG_5812
IMG_5814 IMG_5815 IMG_5816

 

ゴールに向けて

 本年度の登校日もあと3日になりました。金曜朝の音楽集会「卒業式の歌」の練習では、子どもたちの歌声に声量や6年生への思いが感じられ、よい卒業式、いい締めくくりが迎えられそうです。

 校内にも「本年度あと少し」を感じさせるものがたくさん見られます。

 「モップ掛けの道具」(大事な式を前に)

「閉館した図書館に戻っていない不明本紹介」(2冊だけでした)

「きれいに束ねられた傘が並ぶ1年生の傘立て」(管理が上手になりました)

「手際のよい6年生の朝掃除」    

 終わりよければ…、残りを大切に過ごしたいと思います。

IMG_5808 IMG_5809
IMG_5810 IMG_5811

 

5年生、頑張ってます。

 「おはようございます。空き缶集めにご協力お願いします!」

 早朝、大きな声が児童玄関に響きます。6年生から児童会でバトンタッチをした5年生の声です。寒い中ですが、「空き缶回収」や「あいさつ運動」で大きな声で呼びかけを続けてくれています。

 なかよし委員の5年生は、校内を何回も何回も回りながら、「おはようございます」と全校のみんなに声をかけて回ります。「小さな声をかけていると小さな声が返ってくるし、大きな声をかけていると大きな声が返ってくるよ」と一言声をかけると、ますます張り切って大きな声を響かせる5年生でした。

 慣れない恥ずかしさよりも、学校を牽引する立場への自覚の高さを感じる子どもたちに思わず笑みがこぼれます。

IMG_5762 IMG_5790 IMG_5764

 

雪にも雨にもマケズ

 「靴下、びしょびしょ!」「手袋、びしょびしょ!」

 こんなことを笑顔で報告してくれながら、子どもたちが教室へ向かいます。どんより暗い朝でしたが、子どもたちの笑顔を見ていると、元気も声も出てきます。サッカーボールを持ち、髪の毛を濡らして戻ってきた4年生。「外でやってたの?」と尋ねると、満面の笑みを返してくれました。

 朝のタッチでは、手袋を外したり、いつもと違う手首や手の甲や指の先だけでタッチする子がたくさん。私の手を濡らさないようにという子どもたちの気遣いに感謝です。

 今朝は、「東京オリンピックのマスコット決定」のニュースが流れていました。子どもたちもよく知っていて、児童玄関前の掲示物で改めて桔梗小の結果と見比べていました。ピョンチャンではたくさんの感動をもらったオリンピック。次は、塩谷先輩が出場するパラリンピック。そして東京。

 オリンピック・パラリンピックからもたくさんのことを学んでほしいですね。

IMG_5786 IMG_5791 IMG_5793

 

陽差しや子どもたちに…

 

 「♪うららかに春の光が降ってくる~」

 上の言葉は、卒業式に歌われる歌の歌詞の一部です。寒さはまだ残りますが、明るい陽差しが日に日に増していることを感じます。

 春の訪れは植物や動物だけでなく、子どもたちにも。子どもたちも本能的に感じるのか、校内あちこちを走り出しました。この頃、子どもたちに「歩きましょう」とよく口にするようになりました。

 今朝、廊下で縄跳びを楽しむ1年生にカメラを向けると、こちらを向いて一生懸命跳んで見せてくれました。2年生は「新技だよ」と走りながらのコマ回しを披露してくれました。4年生は、体育館で「2分の成人式(参観日)」の準備。飾り付けをする子どもたちに、「10歳」という節目を大切に受け止めていることが感じられます。

 IMG_5743 IMG_5756 IMG_5742
IMG_5748 IMG_5752  IMG_5753

 

大きくなってきたね

 -9℃、今朝も冷えました。児童玄関前にできた小さな水たまりもカチカチに凍って、登校してくる1・3年生の多くが、乗ってみたり滑ってみたり。こんな楽しみもあとわずかです。

 玄関では、「靴を履くのに苦労してるな」って思える子をこの頃目にします。足も大きくなり、靴を換える時期なのかもしれません。2年生の下駄箱では、大きな子が入ってきたのでよく見てみたらやっぱり2年生。「大きくなったなあ、もう3年生になるんだね」と驚きました。

 本年度もあと3週間余り。子どもたちの成長を感じるこの頃です。

IMG_5738 IMG_5724 IMG_5726

読み聞かせ

  1月末から今年最後の「読み聞かせ」が行われてきました。読書ボランティアの皆さん、1年間ありがとうございました。読み聞かせを楽しみに待つ子どもたちでした。

 今日は1・4年生の各教室で読み聞かせが行われました。1年生の教室では、楽しい信号のお話や仕掛け絵本に、子どもたちの「ええっ!」「がはは…」「けけけ」といった声が響きます。最後の「まゆとりゅう」は、山姥と娘のまゆが龍の背中に乗って、雪に覆われた野や山に「起きろ、目を覚ませ」と雨を降らせるお話でした。厳しい冬もいよいよ終わり、春を迎えますね。

 ちなみに、私の前に座った2人の子は、半袖半ズボン。「寒くないの」の問いかけに案の定、「寒くないよ~」と答えてくれました。

 来週月曜日は、雪が雨に変わり雪解けが始まるという日、「雨水」です。

  IMG_5734  IMG_5735  IMG_5635

 

やいかがし

 ききょう学級の子が、「やいかがし」と「手紙」をもってきてくれました。恥ずかしながら、「やいかがし」とは初耳です。

 手紙の説明によると…、「2月3日は節分です。鬼は柊(ひいらぎ)のチクチクと、鰯(いわし)の生臭いにおいが嫌いです。この『やいかがし』を玄関や入口に飾ると、鬼が入ってこないと言われています。福が来て幸せに過ごせますように。」と書かれています。

 黄色い厚い台紙には、両端にきれいなマスキングテープが貼られ、ダルマ・お多福の絵や金銀の色紙といったおめでたいものも貼り付けられています。鮮やかなリボンもつけられ、おしゃれな感じのする「やいかがし」に仕上がっていました。素敵なやいかがし、ありがとう。

 早速、入口の戸にかけました。インフルエンザも流行り始めたので、ウイルス(かぜの鬼)も追い出してくれるといいですね。

IMG_5707 IMG_5709

 

引き継ぎの時期に

 冷え込みが続き、2年生が中庭に作った雪だるまもなかなか溶けません。でも、先週の冷え込みを経験しているので、子どもたちから、「寒い寒い」の声は聞こえてきません。

 さて、今朝は児童会役員選挙の結果が張り出されました。特に結果が気になる5年生が掲示の前に集まっています。昨日の立ち会い演説会では、5年のどの候補者も、どの応援責任者も、自分の言葉で語っていて、6年生は頼もしさを感じ、4年生は刺激を受けたことでしょう。

 一方、6年生の役員さんたちは今朝もあいさつレンジャー。校内を回り、みんなに「おはよう」の声をかけてくれています。「あと少しだね」と声をかけると、穏やかな微笑みを返してくれました。また、朝掃除の6年生は、ゆっくり丁寧に床を磨いてくれています。児童会でバトンタッチの時期が来ても、やっぱり6年生は6年生。佇まい…が何か違うのです。

IMG_5706 IMG_5674 IMG_5704
IMG_5702 IMG_5703 IMG_5705

 

大縄クラスマッチ

 冬恒例の「大縄クラスマッチ」が始まりました。先週は4年生、今朝は朝早くから整列して体育館に向かった1年生の出番です。

 前の友だちの肩に手を載せて、間隔を狭くして、クラスでテンポよく跳ぼうとしています。1年生には縄の回転の動きも速く、縄の中に飛び込んで、素早く1回跳んで、さらに縄の外へ飛び出すのはとても難しいことです。でも、縄の動きを感じ取りながらさっと感覚的に入れるようになってきました。何でもどんどん体得していってしまうのがこの年齢の子どもたちのすごいところです。

 クラス対抗で回数を競うのではなく、「4分間に何回跳べるか」みんなで最高記録の達成を目指しました。ぴょんぴょん跳びはねている子どもたちもいましたが、きっとクラスの最高記録が出たんだね。

 ギャラリーには大勢の6年生が応援に駆けつけ、緊張させないよう静かに見守っていてくれました。後で「上手に跳べてたね」って声をかけてくれるのだと思います。

IMG_5692 IMG_5694 IMG_5696
IMG_5697 IMG_5699 IMG_5700

 

pagetop