冬の訪れ

 1年生が上を向いて口を開け、右へ左へゆっくり動きながら児童玄関に向かい歩いてきます。

 「何しているんだろう?」…よく見ていると、空から雪が落ちてきました。細かな雪がゆっくり落ちてきます。2人の女の子はその場に立ち止まって上を向き、落ちてくる雪を口でいくつキャッチできたか試しているようで、時々顔を合わせてはにっこりしています。

  マラソンから戻ってきた子どもたちからは、「雪だるまできるかな…」という声も聞かれました。「見て。つらら!」こんな報告もいくつかあった朝でした。

 雪遊びを心待ちにしている子どもたちでした。

IMG_5462 IMG_5469 IMG_5446

 

コメントする





pagetop