ハロウィーン給食

 

10/31メニュー三食丼

はりはりあえ

ハロウィーンマフィン

牛乳

今日の給食にはハロウィーンにちなんで カボチャを練りこんだマフィンがでてきました。いろどりだけでなく色の濃い野菜は栄養もたっぷり。寒くなってきたけどかぼちゃパワーで風邪をひかないようになったかな? 

音楽会練習 大詰め

朝に、休み時間に、校内のいろいろなところから、歌声や楽器の音色が聞こえてきます。一人が奏でる音、クラスで合わせている演奏、学年で練習を重ねるハーモニー。姿は見えないけれど、子どもたちのおもいが感じられるようであたたかな気持ちになります。 

登校してくる子どもたちの中には、鍵盤ハーモニカを手に持つ子もいます。鍵盤ハーモニカを持ち運ぶのも大変なことだろうなあ…と思いますが、お家の人にも教えてもらったり、聞いてもらったりして自信をつけてきたのか、「いっぱい練習した。だいぶ弾けるようになったよ」といった報告を聞くと、目が細くなってきます。

 いよいよ今週2日(水)は音楽会です。一人一人の当日までの歩みまでは分かってあげることはできないけれど、みんなと創り上げてきた声と音色から、いろいろなことを想像してみたいと思います。(写真は1年学年合唱練習、6年合唱パート練習)

 
 

イノシシはどこ?

先週金曜日の早朝5時、なかよし広場付近でイノシシが目撃されたそうです。ご心配いただきましたが、子どもたちに被害もなく安心しました。

 昨年は校地内に猿が、今年は近隣でクマ騒動が、そして今回、イノシシが目撃されました。宅地化が進む塩尻、桔梗小学区ですが、周りを見ると意外と山が近いことが分かります。

「臨界距離」という言葉があります。「動物にとってある一線を越えられたら防衛に転ずる距離、人にとって動物を刺激しないためにあけておく距離」を言うそうですが、一説にはクマは12m、親子連れでは20mということです。いずれにしても、動物にとって攻撃されると感じさせる行為には気をつけなければなりません。ご家庭でも話題にしてみてください。

 ・近づかない  ・大声を出さない  ・威嚇しない  ・急に走り出さない

カテゴリー 【03】28年度掲示板

朝食にいかが?

10/28メニュー

 

ご飯

野菜スープ

チーズオムレツ

ツナサラダ

牛乳

 今日のメインディッシュはチーズオムレツでした。卵の中にハムやチーズ、野菜も入っているので栄養バランスがいい一品です。 ご飯にもパンにも合いますし、朝忙しくてたくさんご飯が食べられない子もこのおかずとご飯を食べれば栄養的にも悪くないと思います。(あくまで栄養士ではないHP作成者の考えですが・・・) なにはともあれおいしいので朝ごはんのレパートリーに加えていただければ、と思います。  

かるいソース

10/27

メニュー

ソフトめん

クリームソース

海藻サラダ

ワインゼリー

牛乳

 普通クリームソースには小麦粉を使って調理するのですがこの日のクリームソースは米粉を使ってとろみをつけてありました。普通のものに比べると、さらっとしていて口当たりが軽いのが特徴でした。本校栄養士によると失敗しないそうなのでおうちでも作っていただきパスタと絡めるとおいしく食べられるのではないでしょうか。

秋の味覚part3

10/26メニュー

きのこご飯

さつまいものみそ汁

中華あえ

ラフランス

牛乳

  本日の給食も秋の味覚シリーズでした。今がおいしい塩尻産のラフランスにきのこやサツマイモ。口の中で季節をたっぷりと感じられる給食でした。

全校音楽~さようなら~

 

10月26日 背景も徐々に音楽会モードになってきました。

 そんな中、全校音楽があり、音楽会の最後に歌う「さようなら」を練習しました。

  この曲は歌詞に「さようなら」という言葉が全く入っていないのに「さようなら」という題名がついています。ではなぜこの題名なのかというと歌詞の中にさよならを連想させる言葉がたくさん入っていたり、旋律がさようならという気持ちになるようになっていたりするからなのだそうです。 ぜひ音楽会にお越しいただき、さよならを感じさせる歌をお聞きいただけると嬉しいです。

落ち葉の季節

     ついこの間まで残暑が厳しいなと思っていたのに、もう落ち葉の季節になってしまいました。本校も例年通り仲良し道路周辺にたくさんの落ち葉がみられるようになってきました。 そんな様子を見て5・6年生が毎日のように落ち葉拾いをしてくれています。だれがやらなければいけないと決まっているわけではないのですが、学校や地域をきれいにしたいという思いから率先して行動してくれています。頼りになる5.6年生ありがとう。
       

あたたかな心づかいの広がり

       
スポーツの秋。夏場は人影がまばらだった校庭にも、朝から多くの子どもたちの姿が見られます。90%男子です。また、マラソンに取り組む子、鉄棒で技の習得に励む子、一輪車に挑戦する子(90%女子)、広々としたなかよし広場で遊ぶ子も多くいます。9歳10歳の頃の子どもたちは、「どんな動きでもすぐに習得してしまう」ゴールデンエイジと言われますが、「すすんで運動」し運動好きになってほしいと思います。

 朝の体育館では、1,2年生がボール運動に興じています。夢中になって遊んでいますが、8時15分の校内放送が流れると、みんながみんな、一斉に遊びをやめ教室へ走って戻っていきます。

 たくさんのボールが使われていましたので、体育館の隅にはいくつか誰が使ったかも分からないボールが転がっていました。みんなが教室に急ぐ中、2年生の一人の女の子は、そんな散らばったボールを一つ、また一つと拾い始めました。しかし、小さな腕には2つのボールしか入りません。3つ目を何とか持とうとしていると、他の2年生と、体育館の見回りをしていた高学年の体育委員がこの子のもとに走り寄り、ボールを3人で分けて運び始めました。朝から、子どもたちの素敵な姿を見ることができました。

 
 

チャレンジタイム作品展示

年4回のチャレンジタイム(クラブ活動)は終わりましたが、この時間に制作してきた子どもたちの作品が校内に展示されています。2階には「イラスト・マンガクラブ」、そして、1階には「絵手紙クラブ」の子どもたちの数々の作品が、私たちの目を楽しませてくれています。 

絵手紙クラブの子どもたちは、外部講師の方にいろいろな題材と技法を紹介していただきました。子どもたちも、「これまで知らなかった花を知ることができました」「季節を感じながら描くことができた」「チークとかラメを使って描くのが楽しかった」と活動を振り返っています。教室を訪れるたびに外部講師の皆さんは、「子どもたちの感性は素晴らしい」と笑顔でほめてくださいました。そんな子どもたちのお気に入りの作品です。ご覧ください。

       
       

pagetop