塩尻市立桔梗小学校

桔梗小学校

学校教育目標に「心豊かでたくましい子ども」を掲げ、ねばりづよくもとめる子、からだをきたえる子、よくはたらく子、すなおで思いやる心のある子、正しく判断し、人のためにつくす子の育成を目指し、日々、教育活動に取り組んでいます。

最新リスト

もっと読む…

第36回 塩尻市民水泳大会に参加

桔梗小からは、4~6年の9名の児童が参加しました。
どの子も自分の目標に向かって精いっぱい泳ぎました。
これからも、水泳を頑張ってほしいです。
保護者の皆さま、大会役員の皆さま、ありがとうございました。

       

3年 志学館高校との交流 4回目

24日(水)志学館高校へおじゃまして、4回目の交流を行いました。
今回はじゃがいもの収穫です。
高校生のお兄さんお姉さんと一緒に植えたじゃがいもが、どれだけできているか楽しみです。
土を掘ると、次々とじゃがいもが出てきて、子どもたちからは歓声が上がりました。
収穫したいもをいただくことができました。3年生でおいしくいただきたいと思います。
志学館高校のみなさん、ありがとうございました。

       

2学期始業式

 

8月22日 2学期最初の登校日です。 多くの子が真っ黒に日焼けし、大きな荷物をかかえて登校してきた日でした。教室に入り最初に目にするのは久々の友達の笑顔と、黒板に書かれた担任からのメッセージでした。子ども達は先生に夏休みのことを話していたり、友達と元気いっぱいに遊んだりしていました。

 2時間目、始業式が行われました。最初に1・3・5年生の代表の児童が2学期の目標を発表し、なわとび、水泳、発言、あいさつ、児童会などなど、頑張りたいことを堂々と発表してくれました。次に、校長先生からの話がありました。校長先生の夏の思い出からはじまり、リオオリンピックを見ている中で感じたことを話してくださいました。その中でバドミントンの奥原選手のように目標をもって粘り強く頑張ること、陸上男子400mリレーチームのようにみんなの力を合わせて頑張ることが大切だということ教えてくださいました。

 夏休み明けだというのに入場の仕方が静かに落ちついてできたり、代表児童の発表や校長先生の話をしっかりと聞けたりと、落ち着いた雰囲気の中で2学期のスタートがきれました。

      
      
      

満員御礼 夏休みプール

 

 

 

 

晴天に恵まれ、夏休みのプールは大盛況です。8月5日(金)、学校でプールを楽しんだのは、午前135名、午後143名で、初日のプールは、午前179名、午後203名でしたので少なくなってきましたが、まだまだ写真のような賑わいを見せています。子どもたちは口々に「楽しいよ」と言って笑顔を見せてくれます。

子どもたちが安全にプールを楽しみことができるのも、校外指導部の皆様のおかげです。熱い熱い太陽の下、本当にありがとうございます。

 

合唱部 県大会出場決定

8/3(水)、長野県学校合唱大会<中信ブロック大会>が地元レザンホールで行われました。練習を積み重ねてきた課題曲『ぼくらのエコー』、自由曲『二億年ずつ23回』を豊かに表現し、見事4年連続の「金賞」受賞。さらに、昨年に続く念願の「県大会出場」の切符も獲得することができました。合唱部の皆さん、おめでとうございます!!

当日の午前中練習では、登校していた先生方に最後の歌声を体育館で披露してくれました。そして、いざレザンホールへ。7月末の高出リレー音楽祭や終業式での壮行会を経て、一段と磨かれたハーモニー、体をいっぱいに使ったノリノリの表現、生き生きとした表情は、とても印象的で、見る者聞く者の心踊らせるものでした。

次は8/20(土)の県大会です。また、地元レザンホールの開催です。もう会場に飲まれることもありません。自分たちのよさを存分に発揮してほしいと思います。応援よろしくお願いします。

H28学校だより「桔梗」№5

  75日間の1学期が無事終了しました。終業式の校長講話を掲載した学校だよりです.

ご覧ください。

28学校便り 第5号 ←こちらをクリックしてください。PDFで表示されます。

 ↓ こちらはイメージです。

 

合唱部壮行会

  夏休み中に開催される、NHK全国学校音楽コンクール中信ブロック大会に参加する合唱部の壮行会が行われました。 

 合唱部が春から練習してきた曲を、澄み渡るきれいな声で披露しました。全校が静かに音楽に心をかたむけた時間となりました。 

 8月3日の本番でも練習の成果を発揮して素敵な曲を発表してほしいと思います。

ドキドキワクワク通知表

 

   本日1学期の最終日ということで子ども達は通知表を担任から受け取りました。2年生以上はドキドキしながら通知表を受け取っていました。受け取ると「やったー。」とか「えー。」なんて反応を見せていました。 それとは対照的に1年生は「通知票ってなんだろう?」という表情で、「通知票ってね…こういうものなんだよ。」という担任の先生の話を聞いていました。1年生は教えてもらった通りに、おうちの人とじっくりと通知票を見て、◎〇△の数にこだわらずに自分のできているところとできていないところを確認してくれることでしょう。

 1年生は「1学期頑張ったね。」という先生からの言葉を嬉しそうに聞きながら通知票を受け取っていました。

   

1学期終業式

         
 夏空がひろがる7/27(水),75日間の一学期が終わりました。終業式では,夏休みを待ちきれない子どもたちでしたが,落ち着いて式に臨むことができました。式では,2年生が学年発表で,5年生が代表児童による発表で,1学期を振り返りました。
 2年生は,国語で学習した『スイミー』を歌と音読による発表をしました。全員が大きな声で発表し,まさに“みんなで力を合わせた”スイミーでした。学習の成果がしっかりと表現できた発表でした。
 5年生の代表児童は,「マラソンを100周以上走れた。」「平家物語の暗唱ができるようになった。」など頑張ったことを発表し「本気で勉強するとすごいことができる。」と学んだと発表しました。また一人での発表にも関わらず、平家物語の暗唱を大きな声で堂々と暗唱しました。
 校長先生からは,「自分だけの素敵な夏休みに」と題して、実際に虫の鳴き声を聴かせながら「夏だと思う音はなんですか?校長先生はキリギリスやひぐらしの鳴く声が聞こえると夏だと感じます。」と夏に聞こえる音についてお話し、続いて「うまれたよモンシロチョウ」という本の読み聞かせをしてくださいました。最後に「夏休みの思い出は一生の思い出になります。素敵な思い出をたくさん作ってください。8月21日、真っ黒な顔になった皆さんと会えるのを楽しみにしています。」という言葉をかけました。

寄せ植えを贈りました

 

 児童会の花づくり委員会のめあての1つに「地域に花を広げよう」があります。その一環として,大きなプランターに数種類の花を植えて寄せ植えをつくり,学区内の2保育園、隣接の塩尻消防署、高齢者福祉施設の桔梗荘と4つの施設に 春と夏に贈っています。 受け取ってくださる方たちは「毎年ありがとう。楽しみにしているんだよ。」と温かい言葉を花づくり委員の子たちにかけてくださいます。このような地域の方の気持ちを知りこれからますます花づくりをがんばっていってくれることでしょう。

 お忙しい中、訪問を快く受け入れてくださった各施設の方々にも感謝です。

   

pagetop