げんばねっと こどもたちの学習ページ

インタラクティブ・スタディで、小学校の「国語・社会・算数・理科」、
中学校の「国語・社会・数学・理科・英語」が勉強できます。
自分の学校名をクリックして始めてください。
学校でも自宅からでも勉強できます。ログイン名とパスワードは、
学校でインタラクティブ・スタディを使うときのものと同じです。
わからないときは、担任の先生か情報教育担当の先生から教えてもらってください。

  • 塩尻東小学校
  • 塩尻西小学校
  • 桔梗小学校
  • 広丘小学校
  • 吉田小学校
  • 片丘小学校
  • 宗賀小学校
  • 洗馬小学校
  • 木曽楢川小学校
  • 塩尻中学校
  • 丘中学校
  • 広陵中学校
  • 塩尻西部中学校
  • 両小野中学校
  • 楢川中学校

市内小中学校の新着情報

最新リスト

桔梗小 情報モラル研修

桔梗小学校で、情報モラル研修が行われました。日常の中での、判断力、相手意識を土台に、情報モラルを位置づけていくことを確認させていただきました。指導計画の立案の時間では、具体的な子どもの姿を出し合いながら、どのように指導していけばいいかの活発に話し合いがなされていました。子どもの実態に合った、情報モラルの学習が大変重要なのだと改めて感じさせていただきました。

 

 

自ら気づき、学びを深める(インタラクティブスタディ活用)

広丘小学校の1年生で
インタラクティブスタディを使い
大きな数の個別学習を行いました。

画面に提示される問題を読む姿に、
とても集中している様子がうかがえます。

答えがあっているか、間違っているかがすぐわかるのがこの学習の魅力の一つ。
間違っても、あきらめず、もう一度問題を読みなおしたり、
数を数えなおしたり、
粘り強く取り組む子どもたちでした。

インタラクティブスタディの学習では、
到達目標を細分化し、徐々に高いレベルの問題が出題されます。
子どもの回答に対応して、次のレベルの問題が提示されたり、
間違いを解決するためのヒントが表示されたりします。
そのように考えられた教材であるからこそ
子どもたちの「できるようになりたい」という意欲も持続するのだと思います。
「あっ、そうか」
「わかった」
「なんだ、勘違いしていた」
など、自ら気づき、学びを深める様子が
多く見られました。

ICTを活用した協働学習を考える(スタディノート研修会)

スタディノートを活用した協働学習の進め方を考える研修会を開催しました。

今回は短歌づくりをテーマに、スタディノートをどのように活用するかを考えました。

 

1 スタディノートを使い、フォト短歌を作成する。

(1)デジタルカメラで、短歌にしたい写真を撮影する。

(2)撮影した写真を使い、短歌を作る。

(3)文字の色、背景の色、写真のトリミングなどを使い、作品を仕上げる。

2 作成した短歌をデータベースで共有する

(1)情報を登録するデータベースを作る

(2)データベースに情報を登録する

(3)他の研修者の作品を読み、感想を子情報として登録する

 

3 ポスター機能を使い、参加者が共同で短歌を紹介するポスターを作る

(1)作成分担をし、短歌を紹介するポスターを共同制作する。

研修をとおして、スタディノートの操作を確認することができたと同時に、各教科でどのような活動ができるか、イメージを持つことができました。

 

 

 

宗賀小学校授業支援

1月26日から30日まで
宗賀小学校で、ICTを活用した授業の支援を行いました。各学年で取り組んだ授業の概要は以下のとおりです。

学年 教科等 授業の概要  活用したソフト等
 1年 図画工作 冬をテーマにした絵をコンピュータを使って描き、カレンダーを作る デイジーピクチャープラスキッズ
 2年 算数 個別学習支援ソフトを活用して、「かけ算」を苦手をなくす インタラクティブスタディ
図画工作 冬をテーマにした絵をコンピュータを使って描き、カレンダーを作る デイジーピクチャープラスキッズ
 3年  総合的な学習 保育園の交流で続けていきたいこと、新たに取り組みたいことをローマ字入力で文書にする。データベースを使って全員の考えを情報共有する。  スタディノート
 4年  総合的な学習 写真のトリミングをして、伝えたいことがわかる情報を作る。  スタディノート
 5年  算数 個別学習支援ソフトを活用して、「割合」を苦手をなくす  インタラクティブスタディ
 6年  情報モラル  悪意を持ってインターネットを利用している人もいることを知り、ネットワーク上で知らない人とコミュニケーションとることの危険性について考える。  事例で学ぶNetモラルRA-05

 

大きく映す授業研修会(実物投影機活用)

実物投影機の活用方法について学ぶ研修会を開催しました。

まずは、実物投影機とプロジェクタをつなぎ、映したい資料を提示すること
そして、資料の一部を拡大して提示することを
行いました。

さらに、カメラ機能で資料を撮影して、順番に再生させたり
ペンタブレットを接続して、資料に書き込みをしたりといった操作も
行いました。

いくつかの機能を操作を通して確認することで、
授業でどのような資料をどのように提示をするかを
考える機会となりました。

スタディノートを使い、「おすすめ」を紹介

洗馬小学校3年生の授業支援に伺いました。
スタディノートを使って、自分の「おすすめ」を紹介する活動を行いました。

この活動は、次のような目的で行われました。
・伝えたいことをわかりやすく伝えるために、文字の大きさ・色、背景の色を変えたり、絵や写真を加えたり、表現を工夫することができる。
・国語で 学習したローマ字を活用して、文字入力することができる。

1組は、図書館の本の中からおすすめの本を紹介する文を
2組は、百人一首の中から、自分の好きな句を紹介する文を
作成しました。

ローマ字表を参考にしながらの文字入力。最初はキーの場所を見つけることが大変そうでしたが、徐々にキーの場所がわかるようになり、入力が速くなってきました。ローマ字表を見なくても入力できる文字が増えていきました。
また、どのような色を使うことが、伝えたい内容にあっているか、文字と背景の色の組み合わせをいくつも試して、試行錯誤しながら、作品を仕上げることができました。

授業の最後には、全員の作品をデータベースに登録。
友達の作品の工夫を見つけ、どうやって表現したのかをお互いに情報交換したり、
自分の作品の修正点を見つけたり、
次への意欲につながる活動となりました。

拡大・書き込みができるデジタル教材を作成(dbookPRO活用研修)

デジタル教材作成ソフト(dbookPRO)の活用方法について学ぶ研修会を開催しました。
まずは、教材作成に必要な機能について、操作を通して確認しました。

そして、実際の授業に活用するための教材を作成しました。
どのような資料をどのように提示することが、子どもたちの主体的な学びにつながるのかを考え,
資料を作成に取り組みました。

最後には、電子黒板を使って資料を提示する方法も、確認しました。

dbookPROは、画像等を取り込んだ教材を簡単に作成することができます。
画像の一部を拡大して表示することや、複製して表示すること、画像に書き込みをすることもできます。

拡大・書き込みをすることで、授業のなかで焦点化したい内容をわかりやすく伝えることができます。

教材作成を通して、授業構成についても考える時間となりました。

スタディノートで、詩の相互評価

塩尻西小学校4年生で、スタディノートを活用した授業が行われました。

学習の流れは以下のとおりです。

(1)自分が作成した詩をスタディノートに入力。
(2)作成した詩にあう文字の色・大きさ、背景の色を検討したり、、絵を書き足したりする。
(3)作品をデータベースに登録する。
(4)データベースに登録された友達の作品を読み、よいところを見つけ、子情報として登録する。

子どもたちは、自分の詩にあう色を見つけようと、バックの色と文字の色の組み合わせを検討したり、詩の内容にあう絵を書き足したり、工夫をして作品を作りました。

また、友だちの作品の良さを具体的に伝えようと、言葉を吟味し、情報を作成する姿が見られました。

 

3学期のICT活用を検討

1月9日(金)、ICT活用教育研究推進委員会が開催されました。
3学期、各校での授業の充実のために、
だれに、どのようなICT活用を勧め、活用を広げていくか
グループで検討しました。
・基礎基本の定着のために、インタラクティブスタディを活用する。
・デジタル教科書の内容を確認して、提示教材として活用を進める。
・実物投影機を活用し、彫刻刀の使い方など、大きく映す必要のある資料提示を行う。
・学習発表会に向けた資料作成に、スタディノートを活用する。
など、この教科なら、この学年なら、このような活用ができると、具体的な活用場面や進め方を出し合い
自分の学校での推進方法を検討しました。

塩尻東小学校 授業支援

10月から12月にかけて、ICTを活用した授業への支援を行いました。
どの学年でも、個別学習での基礎・基本の確実な定着を目的に、インタラクティブスタディを活用した授業を行いました。
また、指導者用デジタル教科書と電子黒板を活用した授業
デジタルカメラで自分の動きを録画し、見返す授業
自分が調査してきた内容を伝えるために、スタディノートで作成した資料の内容を吟味する授業
事例で学ぶNetモラルを活用した情報モラルの授業と
ねらいを明確にして、教科の目標を達成するためにICTを活用した授業
情報社会を生きるために必要な知識を獲得し、マナーやモラルについて考える授業が行われました。


《インタラクティブスタディ》
友だと同士で解き方を教え合う

《インタラクティブスタディ》
ノートに問題文や、どのように解いたかを記録
 
《体育》
デジタルカメラで動きを録画し、見返す
 
《国語》
指導者用デジタル教科書・電子黒板を使い、自分の考えを発表
 
《情報モラル》
ネットモラルけんてい問題に挑戦。
 
《音楽》
dbookPROで作成したデジタル教科書を、拡大提示
学年 教科等 授業の概要 使用したソフト
1年 算数
生活
たし残 引き算
12月のカレンダーを作る
インタラクティブスタディデイジー
ピクチャープラスキッズ
2年 算数
国語
情報モラル
かけ算
主語と述語
ゲームに熱中すると
インタラクティブスタディ
指導者用デジタル教科書・電子黒板
事例で学ぶNetモラルA-12
3年 算数
音楽
情報モラル
大きな数
おかしのすきなまほうつかい
インターネットの使い方
インタラクティブスタディ
dbookPRO
事例で学ぶNetモラルA-10
4年 算数
情報モラル
 わり算のひっ算
わたしもネット依存症になっちゃうかも
 インタラクティブスタディ
事例で学ぶNetモラルC-04
5年 算数
総合
情報モラル
 分数のたし算・ひき算
塩尻宿について調べたことをまとめる
わたしのWebページ(著作権)
 インタラクティブスタディ
スタディノート
事例で学ぶNetモラルC-03
6年 算数
国語
体育
情報モラル
 比、円の面積
漢字を正しく使えるように
マット運動
ネットで知り合った友だち
インタラクティブスタディ
指導者用デジタル教科書・電子黒板
デジタルカメラ
事例で学ぶNetモラルRA-05

 

 

pagetop