塩尻市立広丘小学校

広丘小学校

学校目標 「正しく 強く 美しく」

 第6代校長、久保田俊彦は歌人の島木赤彦です。広丘小学校では、百年前に久保田校長が記した「新校訓 奨善会」の教えを今も大切にしています。
 本校では、児童会を奨善会と呼んでいます。こどもたちは、奨善会の活動を通して、いのちを大切にします。善い行いを進んでします。短歌で自然や心を表現します。 

最新リスト

もっと読む…

5学年 防煙教室

今週からスタートした3学期。いよいよ奨善会の引き継ぎ等が始まり、5年生は忙しくなっていきますが、猪突猛進、がんばっていきたいと思います。

そんな3学期の始まりに、喫煙の怖さや受動喫煙の危険性などについて勉強する防煙教室が行われました。喫煙による影響で真っ黒になってしまった肺の写真をみた子どもたちは、「うげー!」「まじか-」と驚いている様子でした。また、先輩や友人から喫煙に誘われたらどうするかを、先生との劇を通して考えてみる活動もしました。「小学生だし、まだまだ関係ない」と思ってしまいますが、年上の友だちから誘われて…ということも出てくる時期です。今回勉強したことを忘れず、今後の生活に活かしていけると良いですね。ご家庭向けのリーフレットも配布しましたので、目を通していただき、喫煙との付き合い方を話し合っていただければと思います。

けん玉教室を行いました

1月10日、1年生は、けん玉を上達したいとの願いから、「ずくけん」の皆さんに来ていただき、けん玉教室を行いました。

最初、華麗でキレキレのパフォーマンスを見せていただきました。音楽に乗り、目にも止まらぬ早さで連続する難しそうな技に、子どもたちの目は釘付けとなりました。思わず「お見事!」と拍手が起こりました。技もいくつか教えていただきました。

次に「けん玉をやってみよう!」と1年生も一緒にけん玉にチャレンジしました。コツを教えていただき、技ができると「やったね!」とハイタッチしていただくと、心はもうけん玉の虜です。最後にけん玉じゃんけんをして、どの子もにこにこ顔でした。

 

3学期始業式

新年を迎え、47日間の3学期がスタートしました。今年もよろしくお願いいたします。

始業式では「児童の発表」「校長先生のお話」がありました。

3年生の作文発表では、これまでの落ち葉はきなどの活動を振り返って、「3学期には自分からすすんで雪かきをがんばりたい」という決意が語られました。

5年生は、奨善会を引き継ぐことや学校のリーダーとなることに向けての気持ちを短歌で発表しました。

・来年は まかせじゃなくて 自分から 5年のうちに 練習しとこう

・全校の トップに立って ひっぱって 奨善会を 守っていこう

・あと少し 広丘小のリーダーだ 見本になるよう 今からがんばる

・ぼくたちが 一番上に立つんだぞ その気持ちでね 新年むかえる

・広小を支える年が ついにきた 心の準備 しっかりするぞ

「校長先生のお話」より

「平成」の最後の年。目標が達成できるように強い気持ちをもって取り組みましょう。「平成」には「全てが平和に」という願いがあるそうです。(「平成」の前は「昭和」「大正」「明治」であることを紹介して)広丘小学校、新校訓は今から100年以上前の「明治」にできました。「正しく」「強く」「美しい」心を大切にすることは今も変わらずに続いています。どんな心をもてばよいかを考えて新しい年をスタートしたいと思います。新しい年、新しい時代を迎えるために準備をする年にしていくように全校のみんなで考えましょう。

 

2学期終業式

83日間の2学期が終業しました。猛暑の8月から、木々の紅葉が美しい秋、そして冬へと、3つの季節に渡る2学期が終業しました。終業式では1年生・6年生の代表児童の発表がありました。短作文や短歌で2学期を表現しました。

 

1年生の短作文

・わたしが2がっきにがんばったことは「ひき算」です。さくらんぼでひくことができるようになって、うれしいです。

・わたしが2がっきで1ばんたのしかったことは「せいかつかえんそく」です。おともだちとスカイパークで、もくせいゆうぐのすべりだいをすべったことです。

・2がっきで1ばんたのしかったことは、「あきとなかよし」です。ひみつきちづくりで、えだをはこぶのがたのしかったです。

 

6年生の短歌

学校で 国会のこと 勉強し 衆議院の 見学行った

時間なく いそいで周った 江戸世界 空気まるごと タイムスリップ

同じもの 四つ買った 亀守り なくすからって だれも付けない

二人とも 部屋に入って 顔かわり 勝負状態 ベットの争い

活動で 班行動や 目標を 頭に入れて やることできた

2日間 とても楽しい 思い出が たくさんつまった 最後の旅行

 

「校長先生のお話」では、切り絵クラブの講師の方が作ってくださった「校歌」や学年ごとのさまざまな活動を紹介し、学習支援ボランティアなどでお世話になった地域の方々のおかげで自分たちが支えられ、そのありがたさが語られました。

広丘小学校にとっては、コミュニティ・スクール3年目となり、また、学習指導要領改定の移行期間をふまえて、これまでの活動に加えて、新たな試みも始まった本年でありました。保護者の皆様、地域の皆様に支えられ、子どもたちは様々な経験を通し、様々な場面で成長することができました。ありがとうございました。皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

 

4年生 いのちの輝き教室

4年生では、保健体育や性教育で自分の体の変化や成長について学びます。

その導入として、市の講師の先生(助産師さん)に来ていただき、「いのちの輝き」授業を行い

ました。いのちの誕生から、赤ちゃんのこと、男の子と女の子の体の変化のことについて、

お話をしていただきました。子ども達は「赤ちゃんの始まりが、小さいたまごだったことが

おどろいた。」「自分が生まれたことが、とても大切なことなんだと知った。」「自分の命

を大切にしていきたい。」と、授業を受けて感じたようです。

この授業をスタートに、体の成長や変化について学習を進めていく予定です。

4年生 書き初め教室

今年も地域の講師の先生2名に来ていただき、4年生全クラスで書き初め教室を行いました。

書き初めの字は「生きる力」。字の形、とめ、はねを中心に教えていただきました。

子ども達一人一人を丁寧に見てくださり、「ここがいいね。」「この字のはねが上手。」「さっ

きよりよくなったよ。」とたくさん声もかけていただきました。

お正月の書き初めに向けて、とても勉強になりました。

こまくさ野村へ行きました

4年生は「こまくさ野村」さんと2回目の交流をしてきました。

11月から12月にかけて、4クラスとも出かけました。

今回は、こまくさ野村さんからいただいた雑巾を持ってお掃除をするのがメインです。

お掃除だけでなく、歌やリコーダー演奏をきいていただいたり、短歌を発表したり、

折り紙をプレゼントしてきました。

お掃除の後は、トランプやカード、お話をして交流しました。

とっても喜んでもらったので、子ども達もうれしかったようです。

笑顔あふれる交流になりました。

6学年 租税教室

5日(水)に松本税務所から講師の先生をお招きし、租税教室を行いました。修学旅行前に税金の学習はしていましたが、この日は税の種類や使い道についてより詳しく教えていただきました。子どもたちがびっくりしたのは、それらしい(?)ジュラルミンケースから取り出された一億円!!のサンプル。一瞬みんなは本物かと思っていました。ちょっと難しい税について、上手に子どもたちの関心を高めながら教えてくださり、ありがたかったです。

12月3日 2年スケート教室

スケート教室で、やまびこスケートの森に行ってきました。氷の上でハイハイして入場。でも、今年は2回目で、あっという間に立って歩いて滑り始めました。インストラクターの方のご指導により、どの子も氷の上を滑る感覚がつかめたようです。最後には、リンクを大きく使って、自由滑走もしました。あっという間の2時間でしたが、楽しく上達したスケート教室でした。

「たのしくうつして」 2年生 図工

図工で、「たのしくうつして」の学習をしています。自分で考えた型紙の上に配置して、ローラーで印刷します。紙版画ですが、いろいろな色を使ってカラフルに仕上がっていました。ローラーで色をつけていくと、「わー」と、歓声もあがっていました。予想していなかった形や模様ができあがっていくことを楽しんでいます。

  

pagetop