情報モラル学習・ICT活用の実践①

2学期に入り、各校で情報週間の中で、
情報モラル学習・ICT機器を使っての授業を積極的に行っていただいています。

情報モラル授業では、塩尻市が導入している「事例で学ぶNetモラル」から
学年の子の実態に合わせて題材を選び、授業を行っています。
授業を行ってみると、低学年では、ゲームの利用率、
高学年では、スマホなどの利用率が高くなっているのを強く感じます。
利便性と危険性の両面をしっかり知り、自分で判断していく力を育てていくことが大事になります。
そのために、学校だけでなく、家庭でもぜひいろいろなことを知る機会、
そして、約束をきちんと作ってほしいと思います。

大きく映すICT機器の利用でも、各校で工夫していただきながら、活用の幅が広がっています。
プロジェクターや実部投影機のコードをかごやフックを使ってまとめるなどして、
すぐに使える環境を作っていただいています。
大きく映しながら授業を進めている先生が増えてきているのを感じます。

pagetop