第2回ICT活用教育研究推進委員会

6月22日に2回目のICT活用教育研究推進委員会が開かれました。
1 今年度の授業研究指定校の吉田小学校、塩尻西部中学校から進行状況の報告がありました。
   どちらの学校も、「どのような場面で」「どのようなICT機器を活用する」ことが、「子どものために」
        なるかということ、そして、今、ある教材・教具を有効的に使っていきたいということを大事に考えなが
  ら、現在、研究を進められています。大事な視点で研究が進められています。
  ICT委員の先生方から、ご意見をいただき、さらに研究が深まっていってほしいと思います。

2 ICT委員会の研究の推進
  授業研究・係校務支援・校内ICT活用環境整備の3点を各学校へ提案できるように活動していきます。
  今回は塩尻東小学校の取り組みを発表していただき、次の視点を大事に各校で取り組んでいけるよう
  に確認しました。

    ①ICT委員の先生(得意な先生)のリーダーシップ

    ②数値目標(HP更新数、活用時数など)          

    ③「これを使うぞ」という絞込み、年間通しての活用

    ④すぐ使える環境づくり

  部会での話し合いでは、各校の様子など具体的な取り組み、
 悩みを出し合いながら、情報交換が積極的に行われました。
  塩尻市の子どものために、ICT機器をさらに有効に使っていけるよう、
 研究を進めていきたいと思います。
   

  

pagetop