片丘小学校 授業支援

6月3日に片丘小学校の先生方と授業の打ち合わせを行わせていただき、6月8日・10日・11日と授業支援を行いました。
打ち合わせをする中で、ICT機器に慣れていない先生方は、「何を使っていいのか」「どんな場面でどんな機器を使っていいのか」悩まれていることがよくわかりました。もっと具体的な機器の利用方法や、支援の仕方について、提案できるよう考えていかなければならないと感じました。

各学年で取り組んだ授業の概要は以下のとおりです。

学年 教科など

内容

ソフトなど
1年 学級 ・コンピュータ室への入室の仕方、コンピュータへのログインの仕方の確認(パスワードの重要性について)
・マウスの使い方(クリック、ダブルクリック、ドラッグ)
スペース
キーボーダー
2年 算数 個別学習支援ソフトを活用して「たし算のひっ算」の復習、定着。 インタラクティブスタディー
3年 道徳 「このことばで伝わるのかな」(文字だけで伝える楽しさやむずかしさ)事例から「伝える」ことについて考える。 事例で学ぶNetモラル
4年 国語 「短歌を作ろう」
・運動会の写真の貼り付け
・短歌の打ち込み
スタディーノート
5年 算数 個別学習支援ソフトを活用して「時こくと時間」の復習、定着。 インタラクティブスタディー
6年 社・理 「コンピュータソフトを使って調べよう」
・先生に出された問題をいろいろなソフトを使い調べる。(インターネットを除く)
ステラシアター
楽しく学ぶ小学生の地図帳など

 

 かかとをそろえての入室
CP室の使い方(約束)をきちんとすること、
どの場面でも大事ですね。
   1年生、小さな手でマウスを動かすのは大変ですが、
時間がたつにつれ、上手に
動かすことができるようになりました。
   友だちが困っていると、さっと寄り添う仲間
「やってあげる」のではなく、「一緒に考える」「わかるようにサポートする」
このことが大事なのですね。

 

pagetop