塩尻西部中学校 情報モラル授業

 6月2日(火) 塩尻西部中学校で1年生とその保護者を対象とした情報モラル学習を行いました。
 ネット依存症について、自己診断をしたり、どんな症状のものなのか知ったりしながら、自分自身のインターネットや携帯電話との付き合い方について考えました。また、実際起きている事件や事例などから、インターネット・携帯電話の便利さの裏側に潜む危険性についても知ってもらいました。
 授業後の感想では、今までのインターネットなどとの関わり方から、時間が長かったとの振り返りや、人とのコミュニケーションの取り方を大事にしたいなど、多くのことを感じてくれたようでした。使っていた人は自分の使い方を振り返り、まだそれほど使っていない人は、これから自分が使うとしたら、こう使いたいと、自分の姿で考えてくれたことがとても大事だったと思います。
 インターネット・携帯電話など、情報機器の便利さと危険性、両方を知っていることで、付き合い方が大きく違ってくると思います。これから有効的に使っていってほしいと思います。

pagetop