塩尻市が進めるICT活用教育研修始まる

5月27日より塩尻市に新たに来られた先生方を対象とした研修が始まりました。
この研修は「塩尻市内の小中学校のICT環境等について知り、明日からの授業で、校務で、ICT機器をより効果的に活用する見通しを持っていただくこと」を目的としています。

 塩尻市では
 ①教科などの学力向上
 ②情報活用能力の育成
 ③情報モラルの育成
 ④ICT活用指導力の向上
 ⑤効率的で安全な校務の情報化
 の5本柱をもとに教育の情報化を進めています。
   

 

 研修では、塩尻市内に導入されているソフトなどを実際に動かすなどしながら、明日からの授業にどう生かすかを考えていただきました。
 「テスト返却の際に、大きく映し出してみよう。」
 「数学での動きをデジタル教科書の動画で見せると、イメージしやすそう。」 など前向きな感想をいただきました。
 一方で、「中学で移動のたびに機器を動かすのは大変。」「支援がないと、まだ不安がある。」などICT活用を進めるにあたっての課題も聞くことがきました。
  先生方の感想を生かし、子どものためにICTの活用がより有効に使われるように、考えていきたいと思います。

pagetop