栄養士研修会 情報の集計、表現について学ぶ

8月9日、各校の栄養士の先生方の研修で、

エクセルを使ったデータ処理を行いました。

SUMIF や COUNTIFといった関数を使って、使っている食材の量などのデータを集計すること

集計したデータをどのようなグラフで表現することが、伝えたい内容をわかりやすく伝えることになるのか、

いくつかのグラフを作成して吟味すること

以上2点について、日ごろ使っているデータを使いながら、研修していただきました。

基礎基本の習得へのICT活用 インタラクティブスタディ活用研修

個別学習システム インタラクティブスタディの活用について考える研修会を行いました。

1 子どもの立場になっての教材体験

2 学習履歴で何が分かるか

3 授業中の教師の役割

4 2学期の授業で活用する教材を見つける

という内容で、実際の授業でどのように活用すればよいかを確認しました。

また、後半は普通教室での授業で活用する実物投影機の利用について、操作方法を確認する研修も短時間行いました。

何をどのように提示するか 実物投影機活用研修

各校に整備している実物投影機を
授業でどのように活用するかを考える
研修会を開催しました。

まずは、実物投影機の機能を発見する研修。
拡大表示する機能、映像を記録する機能など
できることを一つひとつ操作をして 発見していくように研修を進めました。

そして、2学期の授業を考え、
どのような授業で、どんな資料を、どのように提示するかを考えました。

最後に、自分の考えた授業について、実際に実物投影機に資料を示しながら
発表していただきました。

スタディノート研修 3年生2学期の授業を想定して

2学期の授業でのスタディノート活用を想定した研修を行いました。

参加した方が小学校3年生担任ということで、3年生2学期の学習での活用を想定し研修を行いました。

 3年生の算数の授業では二等辺三角形や正三角形の特徴を理解し、実際に作図したり、折り紙で形を作ったり、三角形を分類したりする学習が行われます。

学習活動の中で、自分たちの身のまわりにある三角形を見つける学習があります。その学習でスタディノートを活用することを考え、以下のような活動を行いました 。

デジタルカメラを持って身近にある三角形を探し、撮影します(情報収集)

撮影した写真の中から自分が紹介したい三角形を決めます(情報の吟味)

 スタディノートで自分が発見した三角形を紹介する情報を作ります(情報作成)

みんなのノートに作成した情報を送り、みんなの考えを共有、さらにポスター機能を使ってみんなが発見した三角形をを分類します(情報の再構成)

学習してきた知識を活用し、学びを広げるために、このような情報の収集し吟味し発信する学習はとても大切だと考えます。

また、友だちの考えとの共通点や相違点を見出し、整理することも考えを広げることにつながります。

今回の研修を参考に2学期の授業での活用が進むことを願っています。

 

 

 

デジタル教材を作ろう

デジタル教科書作成ソフトdbookPROを活用した

教材作成研修を行いました。

まず、dbookPROでできる機能を確認。

拡大・書き込み、文字の入力、作図等の機能を、先生方が操作しながら発見していく研修をしました。

後半は、2学期の授業の中から、

教材として作ってみたい単元を選び、

一人ひとり教材製作に取り組みました。

スキャナで資料を取り込み活用したり

作図機能を使って、説明用教材を作ったり、

それぞれに課題を見つけて活動していただきました。

フラッシュカード教材作成研修

7月31日、フラッシュカード教材を作成する研修を行いました。

まず、フラッシュカード教材とはどのようなもので、どのように作成するか

どのような場面で活用すると効果的か、

いくつかの教材を使って模擬授業形式で確認しました。

その上で2学期の授業で活用する教材作成を行いました。

単元・ねらいを決め、

どのような内容のフラッシュカードを作成するか決めます。

1枚のカードにどのような情報をのせるか(文字数・大きさ・文書の吟味・画像の活用)

最初の発問はどうするか

どのような順番でカードを提示するか

 を考えながら、パワーポイントを使い教材を作成しました。

最後には作成した教材を電子黒板で示しながら、模擬授業を行いました。

授業を想定してフラッシュカードを使ってみると

発問、カードの表示順など、改善点にも気付くことができました。

 

児童・生徒の情報機器の利用について考える

7月30日、楢川中学校、塩尻東小学校で

児童・生徒の情報機器の利用について考える教職員研修を行いました。

・新聞記事から児童・生徒の利用の状況を読み解く

・ソーシャルネットワーキングサービスの機能

・インターネットやゲーム機・音楽プレーヤーの利用に関わるトラブル事例

・インターネット、スマートフォンを利用するうえで知っておくべきこと

といった内容で約60分の研修を行いました。

研修会で先生方に活用していただいたサイトです。

安心ネットづくり促進協議会 http://www.good-net.jp/

 

 

ICTを活用した授業を設計する

市内の小中学校が夏休みに入り、今週・来週はさまざまな研修会が開催されています。

教育センターでも、連日、研修会を開催しています。

 

29日は、市内小中学校で音楽を担当されている先生方の研修会で

「各校で利用できるICT機器やソフトウエアを手段の一つとしてどのように活用するか」を考える

研修会を行いました。

 

3つのグループに分かれ、2学期に予定している授業の一場面を想定し

学習の目標は何か

目標を達成するために、ICTをどのように活用すると効果的か(効果的ではない使い方になっていないか)

ディスカッションをしながら、教材作成を行いました。

・デジタル教材作成ソフト dbookPROを使った、授業の導入で使う提示教材

・パワーポイントを使った、配布資料、提示資料 

・学習の見通しを持たせるための動画資料

同じ教科を担当されている先生方ですので、

話し合いも深まり、限られた時間の中で、ねらいを明確にした教材を作成することができました。

最後には各グループで作成した教材について、発表して、成果を確認しました。

 

 

pagetop