木曽楢川小2年生 インタラクティブスタディで算数

4月25日(木) 木曽楢川小学校2年生の算数の授業。

インタラクティブスタディを使い、算数(たしざん)の学習をしました。

画面に表示される問題を読み、ノートに計算を丁寧に書き

答えを入力していきます。

近くの友だちと、操作方法や解き方のヒントを教えあう姿

入力した答えの間違いに自ら気づき、訂正する姿

ノートへの記録に丁寧に取り組む姿

どの子も時間いっぱい熱心に算数の学習に取り組みました。

 自分のペースで、時間いっぱい、集中して問題に挑むことができるのが

インタラクティブスタディの魅力です。これからも学習内容の定着に、市内の学校での活用を進めていきます。

学校ホームページ作成研修

学校広報の一環として、塩尻市内の各学校ではホームページを開設し

学校の取り組みを紹介しています。

今月は、各校のホームページによる情報公開を充実させるために

学校ホームページの作成方法について学ぶ研修会を開催しています。

なぜ学校ホームページで情報公開するのか。

どのような情報を公開すればよいか。

ホームページに使う写真で配慮することは何か。

具体的なページの作成方法は。

現在公開されている各校のホームページを見て、

どのような情報を公開していくのか見通しを持っていただくとともに

作成手順を確認しながら、

ページの作成が手軽にできることを認識していただけるように

研修をすすめています。

 

学校の日常の様子を

目標に向かって活動する子ども達の姿を

子どもに寄り添い、その子の力を引き出そうと指導する先生方の姿を

各校のホームページで公開していきますので、

注目していただけると幸いです。

自ら方法を発見し学ぶ 木曽楢川小2年生 

木曽楢川小学校の2年生の授業支援におじゃましました。
学校でコンピュータを使うときの使い方を確認し
スペースキーボーダーを使ったマウス操作の練習と、
1年生の算数の復習を行いました。

画面に表示された文を音読する姿
次にどのような操作をすればよいかを考え、実際にやってみる姿
近くにすわった友だち同士で、操作方法を教えあう姿など
子ども達が画面に表示された情報から必要な情報を見つけ
マウスを操作して選択したり、次になにをすればいいか考えたりしながら
学習を進めていきました。

自ら主体的に学習に取り組む子ども達。
「できた!」「わかった!」という声が
あちらこちらで聞こえる1時間となりました。

校務で活用するための研修が始まりました

25年度がスタートしました。

本年度も、先生方の研修の様子、子ども達によるICT活用の様子等を発信していきたいと思います。

新年度のスタートにあわせて

校務でICT機器を活用するための研修会が始まりました。

4月2日は塩尻西小学校、4月3日は楢川中学校、木曽楢川小学校で

グループウエアの活用、学校ホームページの更新、情報セキュリティの確保についての研修を行いました。

情報共有による業務の効率化、学校の日常を伝える情報公開、安心・安全に情報を扱うための知識

どれも市内の学校で勤務するうえで必要な内容となります。

日々活用するなかで、研修で得た知識を生かし、さまざまな活用が広がることを期待しています。

 

pagetop