げんばねっと こどもたちの学習ページ

このページでは、
 ・小学校の「国語・社会・算数・理科」
 ・中学校の「国語・社会・数学・理科・英語・技術・保健体育」
が勉強できます。
自分の学校名をクリックして始めてください。
学校でも自宅からでも勉強できます。ログイン名(またはID)とパスワードは、
学校で使うときのものと同じです。なお、中学校の場合は学校コードが必要になります。
わからないときは、担任の先生か情報教育担当の先生から教えてもらってください。

  • 塩尻東小学校
  • 塩尻西小学校
  • 桔梗小学校
  • 広丘小学校
  • 吉田小学校
  • 片丘小学校
  • 宗賀小学校
  • 洗馬小学校
  • 木曽楢川小学校
  • 塩尻中学校
  • 丘中学校
  • 広陵中学校
  • 塩尻西部中学校
  • 両小野中学校
  • 楢川中学校

市内小中学校の新着情報

最新リスト

まずは、大きく映して

塩尻市ではICT活用の基本として、
「大きく映すこと」を推進しています。
今年度もそれに基づき、各学校で、
実物投影機、プロジェクター(モニター)を工夫して使っていただいています。
資料提示では、気づきの共有や違いの発見
ノート提示では、友だちにわかりやすい説明(相手意識)、プレゼン能力育成などで
有効に活用されています。
先生方の工夫した扱いが多く見られます。
また今年度、中学校に黒板上部設置型の電子黒板型プロジェクターを導入し、
手間をかけずに各教科担任の先生が使えるようになりました。

IMG_5241 中学校に導入された

電子黒板型プロジェクター

IMG_5398① 算数や社会などでデジタル教科書のコンテンツなどを提示するなど、積極的に活用いただいています。

片丘小 情報週間

5月、片丘小学校で情報週間があり、授業支援で各学年の授業に参加させていただきました。
1年生の授業では担任の先生と一緒に算数「かずとすうじ」の単元をデジタル教科書を使って授業を行いました。
 授業前にどのように授業で扱えばいいのかという担任の先生と一緒に、実際に動かしてみたり、
画面に必要なものを貼ってみたりしながら、授業の構想を立てました。
このような教材研究がICT機器にしろ、ICT機器でないにしろ、重要なことだということを改めて感じさてもらいました。
 授業では、子どもが教科書と同じものが大きく映す出されることで、興味を高め、一生懸命な姿で学習を進めていました。塩尻市では今年度「大きく映し出す」ということをどの教室でもお願いしています。子どもの興味を高めるだけでなく、どの場面で、何を写し出すかで授業は大きく変化します。大きく映す方法、場面などを塩尻市内で共有できていければと思います。

 

                           他学年でもスペースキーボーダーやインタラクティブスタディを使っての復習や
調べ学習、情報モラル授業など、目の前にいる子どもたちの力を高めるために
ICT機器を有効に活用していただきました。
     

 

 

 

 

28年度の研修始まる

28年度がスタートし、1か月が過ぎようとしています。
この1か月の間に、センターでの研修も始まりました。

グループウェア研修では、
新しく来られた教頭先生が「こうしたいたときはどうすれば?」など
積極的に取り組んでいただきました。

どのようなグループウェアシステムが、校務の簡略化につながるのか、
考えていかなければならないと感じました。

塩尻市教育センターの移転について

塩尻西小学校4Fにありました塩尻市教育センターは
11月より、塩尻総合文化センター1Fへ移転いたしました。

ご用のある方は塩尻総合センター1F(教育委員会)へお越しください。
郵便物なども下記の住所へお願いいたします。
なお、電話番号は今まで通りになります。

〒399-0732 長野県塩尻市大門七番町4-3 塩尻総合文化センター内

TEL:0263-51-5350(直通)

情報モラル学習・ICT活用の実践①

2学期に入り、各校で情報週間の中で、
情報モラル学習・ICT機器を使っての授業を積極的に行っていただいています。

情報モラル授業では、塩尻市が導入している「事例で学ぶNetモラル」から
学年の子の実態に合わせて題材を選び、授業を行っています。
授業を行ってみると、低学年では、ゲームの利用率、
高学年では、スマホなどの利用率が高くなっているのを強く感じます。
利便性と危険性の両面をしっかり知り、自分で判断していく力を育てていくことが大事になります。
そのために、学校だけでなく、家庭でもぜひいろいろなことを知る機会、
そして、約束をきちんと作ってほしいと思います。

大きく映すICT機器の利用でも、各校で工夫していただきながら、活用の幅が広がっています。
プロジェクターや実部投影機のコードをかごやフックを使ってまとめるなどして、
すぐに使える環境を作っていただいています。
大きく映しながら授業を進めている先生が増えてきているのを感じます。

デジカメ写真講座 初級編

8月6日に写真編集の基本を、市川ソフトラボラトリーさんより講師の先生をお呼びして研修を行いました。
写真の明るさの修正や部分ぼかしなどの編集機能を使い始めると、
先生方はいつの間にか、夢中になって黙々と作業を行っていました。
ちょっとした写真編集の仕方を知っているかで、学級通信なども大きく変化しますね。
2学期に生きる研修会になりました。

この研修会では、お絵かきソフトの研修も兼ねました。
低学年の子にとってはマウス操作の基本学習としても、
中・高学年では図工のイメージを待たせる疑似体験としても有効に活用できることを感じました。
「こういう使い方」という固定観念にとらわれず、先生方のアイディア次第で
ICT機器の活用というものは、広がっていくものですね。
塩尻市内でいろいろな活用を情報共有していけるといいですね。

 

協働的な学習・学力向上にむけて

8月4日・5日、2日間にわたり、市内で導入している「スタディーノート」
「インタラクティブスタディー」の研修が行われました。
シャープさんから講師として来ていただき、より具体的な活用方法を聞きながらの研修になりました。

研修の中で
≪スタディーノートの機能≫
〇表現する…ノート機能(文字、写真、絵など)
〇共有する…メール、電子掲示板、データベース機能
〇協働する…ポスター機能
などの基本的な使い方を、本の紹介を実際に作りながらに研修しました。
  

1つのノートを作ることから、他のメールなどの機能を使うことで、
子どもの情報活用能力の幅を広げていけることを実感しました。
先生方の授業支援をしながら、いろいろな学年で活用することで、
市内の子どもたちの情報活用能力を高めていければと思います。

≪インタラクティブスタディ‐≫
個部支援ソフトとして、どのような場面で、どのように活用していくことが
より市内の子どもたちのためになるのか、研修を行いました。
参加された先生方は、2学期すぐに使えるように、単元の設定をしました。
個々にあったスピードで問題を解いていくことで、
2学期、さらに子どもの力を伸ばしていけるといいですね。

 <スタディーノート>
ポスター作りでは、自然と先生方が集まり、
相談するといった姿がありました。
CPを使い、1つのものを作り上げていく中で、
自然とコミュニケーションが生まれることは
素晴らしいですね。
ICT機器がコミュニケーションツールでなく、
ICT機器を活用することで、
子ども同士のコミュニケーションが
より活発になる場面を大事にしたいですね。
  <インタラクティブスタディー>
先生方も子どもの気持ちになって、
問題に取り組んでいただきました。
問題は一人ひとり取り組むことが基本ですが、
分からないことを聴きあえる教室・集団作りは
どんな学習をするにしても大事なことです。
ICT活用の基盤もやはり、学級づくりということも
改めて感じた研修になりました。

 

夏季研修 栄養士会

8月3日に栄養士の先生方の夏季研修を行いました。
2学期、少しずつ塩尻市のおいしい給食や献立をホームページでも紹介したいという、
栄養士の先生方の希望もあり、ホームページ作成の研修を中心に行いました。

先生方が持ち寄っていただいた、画像や給食だよりを、工夫しながら、
ホームページにの乗せる準備を一生懸命やっていただきました。

塩尻市は自校給食で、温かいものは温かく、そして何よりおいしい給食が提供されています。
自分も大変お世話になり、子どもと一緒に給食の時間が楽しみでした。
そんな、給食の情報が2学期は市内の学校のホームページに公開されるかと思います。
楽しみにしましょう。

ホームページ以外にも、エクセル、パワーポイントの研修も簡単に行いました。
基本的な操作だけでしたが、少しでも校務の効率化につながっていけばと思います。

 

 

実物投影機を使ってみよう

7月30日に「大きく映して分かる授業」の講座が開かれました。
市内で導入している実物投影機のエルモ社さんから、
暑い中、講師として参加していただき、実物投影機の使い方や実践事例を研修しました。 

研修の中で
≪実物投影機の効果≫
 ○視線を集め、集中させられる。
 ○わかりやすい説明ができる。
 ○子どもと同じもので説明できる。など

≪キーポイント≫
 「どの場面で」「何を大きく映し」「そのとき、何を話すか」
 「見せたいものだけを見せる」など多くのことを確認することができました。

 また、実際に操作する中で、効果的な活用方法を身に付けていただきました。

    

 今回の研修で、見せたいものだけを見せる工夫(ついたてや切抜きカードなど)など
実物投影機の活用の幅を広げるヒントもいくつかいただきました。 

塩尻市の子どものために、どのような活用ができるか、
市内で実践事例を共有していきたいと思います。

2学期、市内の先生方の積極的な活用をお願いします。

ICT委員会では、今、実物投影機、プロジェクターなどの
有効的な教室配置についても研修を進めています。
先生方が使いやすい設置の事例などもありましたら、センターへご連絡ください。

  
塩尻東小では、古い机に籠を取り付け、コードなどをまとめています。
ちょっとしたひと工夫で使いやすくなりますね。

 

夏のICT研修はじまる

塩尻市も夏休みに入りました。

夏休みを利用して、ICT活用指導力を高めていただこうと
今年度も「夏のICT研修」を行っています。
塩尻市内に導入されているソフトの使い方を中心に
9講座、これから行っていきます。 

先頭を切って、算数の少人数学習の先生方が7月29日に
「デジタル教科等のICT機器を使った算数教育の指導について」の
研修会が開かれました。
デジタル教科書を実際に開いていただきながら、
2学期どんな場面で活用できそうか考えていただきました。 

「2学期は、問題提示の場面で毎回使うことを実践してみたい」
「使いこなせるまでには時間がかかりそうですが、がんばろうと思います。」
と前向きな感想をお寄せいただきました。

その一方で、デジタル教科書を使いこなせるか
不安に感じられている先生方もおられました。
当然のことだと思います。
校内研修や学年会などの中で話題に出していただきながら、
少しずつ使える技を増やしていっていただければと思います。

pagetop